2D・3Dの動的・静的位置情報をデジタル地球儀上に配置

地理空間情報プラットフォーム

4DLink

GISプロセッシング・クラウド

4DLink.Biz

ブランドビジョン

地理空間情報として利用される2D・3Dデータの統合・集積。
4DLinkが目指すのは、“いつでも、どこでも、だれとでも”“見る、共有、利用”できる仕組みの実現です。

ミッション

地理空間情報プラットフォーム4DLinkの機能を高め、ICT技術を駆使し社会実装をすすめていきます。

地理空間情報プラットフォームの世界標準

CESIUMJS

4DLink独自のフレームワークを統合

  • ・技術者だけでなく誰もが利用できるユーザビリティを追求した独自のUI
  • ・多様化/複雑化するITインフラ・ソフトウェア・サービス利用のためのコンテンツマネージメントシステム
  • 日本向け仕様の開発
  • 海外-先進的機能のいちはやい取り込み
  • サービスプロバイダーから企業まで幅広く導入可能
  • マルチプラットフォーム・マルチデバイス対応※パソコン/タブレットのウェブアプリケーションとしてご利用いただけます。
  • 多様なファイルフォーマットのタイリング・変換を想定
  • API公開・プラグインアプリの提供

地理空間情報-構築・活用環境を提供する“4DLinkラインナップ“

TECHNOLOGY

4つの基本的な技術要素で構成

①レイヤー(階層)構造の提供

多様・複数の2D・3Dデータをレイヤーとして重ね合わせる構造を提供します。この構造をグループとして統合、さらに3つの上位階層までグルーピングすることで、多様で大量のデータを、エリア・時系列ごとに集積し、4D(4次元)としての管理を可能にします。

  • デジタル地球儀

    デジタル地球儀

  • 2Dベースマップ

    2Dベースマップ

  • 3Dデータ

    3Dデータ

  • リアルタイム位置情報

    リアルタイム位置情報

②多彩な位置情報の同時表示

国内外の多様な座標表記を持つ2D・3Dデータを、座標表記を変換することなく、同一レイヤーグループ(階層)に取り込むことが可能です。これにより、GISの専門知識を意識せず、2D・3Dデータを地図上に配置をすることができます。

■主な座標系

・日本測地系JGD2000/2011

・WGS84-UTM座標系

③誰でも利用できるUI

GISの開発・管理・保守を行う技術者から、実務の運用を行うオペレーター、そして、利用者まで、それぞれの知識、利用シーンに合わせた独自のUI(ユーザーインターフェース)を備えています。これにより、2D・3Dデータの利用が格段に拡がります。

  • GIS・IT技術者

    GIS・IT技術者

  • オペレーター

    オペレーター

  • 利用者

    利用者

④柔軟なコンテンツマネージメント

地理空間情報を扱うために特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)により、柔軟な機能拡張とシステムのスケーラビリティを実現します。これにより、多様なマップサービス、データサービス、他社システムとの連携を、機能拡張として実現でき、GISを再開発する必要がありません。

  • ITインフラ・ソフトウェア

    ITインフラ・ソフトウェア

  • マップ・データサービス

    マップ・データサービス

  • ネットワーク

    ネットワーク

SPACE

地上・地下空間への自在な配置を実現する機能

総合ビューイングは地上と地下をカバー

地球表面の上層・下層にデータを配置でき、データは、操作・システム間のAPI連携により取り込みます。

2D・3Dデータの取り込みは、操作による追加/システム連携

DATA

効果的な集積と利便性を追求した自在なデータ処理

4つのデータ格納階層による効果的なデータ集積

単に2D・3Dデータが表示できるだけではプラットフォームではありません。効率よく多種多様なデータを集積、そして、表示させる構造を提供します。

ドキュメント・設計データのアップロード・ダウンロードに対応

統合ビューイング対象の2D・3Dデータ以外に、報告書・設計データの保存・共有・ダウンロードが可能です。

COLLABORATION

仲間同士・はじめての相手と!
利用しているシステムに簡単組み込み!

4DLinkアカウントによりセキュアに作業のコラボレーション

4DLinkアカウント同士は互いに、2D・3Dデータが集積されたプロジェクトの利用権限を与えることができ、セキュリティを確保しながら、共同作業(コラボレーション)を行うことができます。

セキュアに作業のコラボレーション

2D・3Dデータが集積されたプロジェクトごとに、4DLink 内のアカウント同士での連携を設定できます。これにより、効率的な2D・3Dデータの集積と作業が可能になります。

パソコン・スマホのブラウザにより容易に拡がるコミュニケーション

誰もが持っているIT環境(パソコン・スマホのブラウザ)で、2D・3Dデータが集積されたプロジェクトを共有することが可能です。さらに、ウェブ言語(HTML)で、ウェブサイト、既存システム(2D-WebGISなど)に組み込み、3Dデータ対応のシステムへのレベルアップを容易に実現します。

ブラウザによるコミュニケーション

2D・3Dデータが集積されたプロジェクト・レイヤーグループのブラウザによるコミュニケーションのため、
①ハイパーリンク、②埋め込みコードを生成します。

ハイパーリンク

・表示範囲・表示期間・データダウンロード許可などを指定し生成します。

・4DLinkからメールすることも可能。

例 https://app.4dlink.com/auth/share/s_1317_CLO5ASWAEM_/MZPJHDOOQD5DX4CFRSQBLFZQOJ2F20U0QNLOLFCDJJPL3VA3SK

埋め込みコード

ホームページ、ウェブアプリへの組み込みが容易に実現できます。

例 <iframe src="https://app.4dlink.com/auth/share/s_1317_GQVXJZRVLE_/13TUXITMDOKSIREXU3VWACLAXHS03SAICGV3EYUUYBXHV00U45" height="100%" width="100%"style="border: none;"></iframe>

EXPANSION

地理空間情報プラットフォームとして、さらに拡張!

4DLinkの2D・3Dデータの統合・集積から広がる連携

・2D・3Dデータの集積に向けて、IoT、ロボティクス分野との連携は、効率的なデータ交換を可能にします。

・集積されたビッグデータは、AIによる解析、そして、メタバースによるデータドリブンな社会生活への移行を促進します。